昨日ムダ毛の処理をしたばかりなのに!

シルキークイーンを楽天
昨日の夜脇の下のムダ毛の処理をしたばかりなのに、もうお昼になるとムダ毛が見え始めているのでちょっとびっくりしてしまいました。やっぱり暖かくなるとムダ毛も伸びるのが冬よりは早くなるのかも知れないのですが、それでも本当に早すぎるって思いました。ムダ毛の処理をカミソリでささっと済ませてしまったので余計と伸びてしまうのが早かったのかもしれないのですが、こんなに早く伸びてしまうのなら脱毛器で処理をしておけば良かったって思いました。ただ今は妊婦なのであまり脱毛器とかを使いたくなかったので簡単に済ませたのですがやっぱり薄着にもなってくるし、やっぱり脱毛器で綺麗に抜き取っておいた方が後々綺麗だったかもって思いました。ちょっと失敗をしてしまったのでもうちょっと伸びてきたら今度は脱毛器で抜き取ろうと思いました。やっぱり脇の下のムダ毛は黒く見えてしまうとしていないのと同じように恥ずかしいし、この部分だけはちゃんと処理をしようと思いました。

マテ茶にはまっています

ハッピーマジックは初回で解約も出来る
健康の理由があり、しばらく飲酒を控えることに決めました。何も、ドクターストップというほどの厳しい制限のある状況ではなく、あくまで自主判断によるものではあるのですが、今までしていた晩酌がなくなると、なんとも口が寂しい気がするものです。そこで、今までお酒をよく飲んでいる間はしばらくお茶を飲む習慣から遠ざかっていましたが、これを期に再びお茶を飲み始めました。
その中で、大のお気に入りはマテ茶です。輸入食料品の品揃えが少し充実しているお店では市販されていることも今や珍しくはなく、ご存じのかたも多いかと思います。ロースとしてあるタイプと、していないグリーンタイプとありますが、私はローストタイプが香ばしくて好みです。その上、ビタミンも豊富というのですからありがたいです。
夏に熱いお茶はどうかわかりませんが、今はとてもしっくり来ます。夕食後の一杯はなかなか至福の時間になっています。このような、自分にぴったりのお茶探し、あなたも始めてみませんか。

年越し前は寒い数日・コーヒーでほっとタイム

大晦日の日が近くなると気温が低め、でも寒いと言っても例年や数年前と比較してみれば、標準とか10℃くらいは高い冬気温。
今年はクリスマスの週が暖かい気温で経過したので、イブの日からの冬らしい気温が結構寒いなという体感温度です。

ラウディ
関東北部が寒いならば都内や千葉県、その周辺も寒いだろうなと天気サイトを見たら、以外という18℃とか16℃の暖かさでした。
傘マークに曇りの空模様は同じですがこの日は前日のような寒さ、翌日の水曜日も一桁の気温で年末らしい気温の予報だったし。

冬の寒い日には一日に数回のコーヒー、あったかい一杯を飲むとほっと気分がほぐれて、疲れた気分と身体もリラックス。
午前中や午後時間で休憩タイムする時のコーヒーは至福の一杯、大人の飲み物というだけあり味と香りが癒しのひと時です。

帰宅途中や出先でもいいお店を見つけては日常コーヒー、考えごとなどしながら飲むと気分がクリアになるという神秘的な嗜好品ですね。

ある夏の日

自分は高校時代の友達と遊ぶため駅前で待ち合わせをしていた。その友達とは中学2年生頃からの友人で、お互い帰り道が偶然一緒だったので共に帰り始めたのがきっかけで仲良くなった。友達が駅の改札から降りてきて開口一番言った。
「すまん!待ったか?」
「待ったわ。このアホ」と自分は言う。
これな会話が、昔からの待ち合わせでの常套句だった。
「んじゃ映画までカラオケでも行こうぜ」
こいつと遊びに行く時はいつもこいつが行きたいところがあるーと言いだし二人で行くのが常であった。
「全く、分かったよ」
カラオケでは相変わらず下手くそな歌声で歌いまくり、お互いに競いあう。まさしくどんぐりの背比べ。
「今日は俺の勝ちだな!86点ー」
メンズファッションプラスの評価をしてみた
調子乗ってる友達がくそウザい。
「うるせー、今日は調子悪いんだよ」
その後映画を見終わったのは夜中0時だった。結局そのまま映画の感想を言い合い別れた。しかし、自分は電車のダイヤを平日ダイヤと見間違えたせいで終電に間に合わなかったので、駅から家まで歩いて二時間かかる道を歩く。暇なのでつい友達のことを考える。自分が素のまま接することができるのは、この友達のみだったなと。夏休みももう終わり。大学が違うので会うことは冬休みまでないだろう。ほんの少しだけ寂しく思いながら自分は二時間歩き続けた。

Carterでギンヤンマ

女性で髪が薄いのはショック
昨年の秋に買ったブーツがあるのですが、今年はスゴイ履くチャンスがありません。わずかオシャレな兆候なので、幼稚園への送迎に履くには悔しい気がします。近所のアルティメットに配達に行くまま履くのもなんだか違う気がして、靴箱から出したものの履けていません。履かないで御法度になるのが一番勿体ないのですが、内面における執着心を捨てられません。何処かにお出かけしとも下のこどもを抱っこして行かないといけないので、ヒールのあるブーツだと動き難くて不具合だ。そうして元来いつものスニーカーになってしまい、せっかくの発進でもブーツを履かずに終わってしまう。このまま行くと、今年はブーツが履けないかもしれません。

中矢でレッキス

現在、犬のウォーキングに出向くときは、ポケモンGOを起動して歩いている。
手引きを握っているから戦略は塞がっているし、駆け回りスマホをするわけにはいかないので、
起動させた状態で、スマホをポケットに入れておくだけ。
あとは、普通に犬のウォーキングをするだけです。
ポケモンが出現して、通信でケータイが振動してもシカト!
ポケモンの撮影が目論見じゃないからだ。
いつもの公園に着いて、犬を遊ばせながら、初めてケータイを判明。
ポケストップでものを継続。
運よくポケモンが現れたら、飼い犬ってポケモンのツーショットムービーを撮ります。
クレアフォートの最新情報サイト
そうして、ポケモンGOを起動させた状態でケータイをポケットに入れて、犬とともに帰郷。
すると、ぎゅっと、2km歩いて、卵が孵化して、ポケモン奪取!
ポケモンGOを万歩計代わりに取り扱うことによって、歓喜が生まれている。
も、徹頭徹尾ウォーキング消息筋は、飼い犬のご機嫌を優先している。
ポケモンよりも、ウチの人のほうが眩しいですからね。

あづちゃんがカイウサギ

毎月前後、友だちといった食事をする機会があり、随分色んな相談で燃えるんですが、最近は暑くなって薄着になる機会も増えてきたこともあり、ブームはシェイプアップ関係に。
マシュマロヴィーナスについて

最近クラスのことも関係しているのか、随分痩せ難く、しかも太りやすくなっているのでできるだけ食べないようにしようとは思っているのにまずまずうまくいきません。
そもそも、痩せたいと言いつつ食事してるんだから当たり前か~。

なんていうような相談もして盛り上がったりやるんですが、ブームは乳幼児の顔になり友だちから、私の乳幼児の視線がダブルで妬ましい~と言われたんです。
うちは私も男性もダブルだからかなぁと思ったんですが、その後の友人のフレーズが「女性の視線って深層ダブルだよね~」という。

あれ…

深層ダブル?

短時間フリーズしてしまったこちら。
だって、こちら昔からダブルだったハズ…

その場は普通にそうかなぁ~なんて話していたんですが、家に帰って即鏡を見ると、うわぁっ!
確かに今は深層ダブル!

もしや瞼下がってきたのだろうか…
ふと後瞼を触って気持ちよく上にすると、昔のダブルが。

年齢というクラスも無いけど、これは些か危ない。
シェイプアップとマッサージして昔のダブルを取り戻さねばっ!

それにしても何故今まで気づかなかったのか…驚きな実態でした。

占部と内野

喜劇が大いに息抜きなので、キングオブコントを見ました。2015年頃とか、わりと千差万別に富んでいるかなって思って楽しみにしていたんです。どうにか瞬間ができたので、ごっそり見たのですが、酷いのが藤崎世界が一番最初に出てきて、引き続き決勝も出てしまっていた場合。それで決勝も出れちゃうの?というレベルの低さでしたね。期待しないままに見るべきだったと反省して仕舞うほどでした。
漫才は好きも分けるし、好きなアイテムが人によってことなるのも一心に分かっています。ういういしいコラボが活躍するのはいいことだと思うんですけどね。コロコロチキンペッパーズは確かに若手の中では力があるヒトなのかなって思ったり。ただ、判断員がイヤイヤやる感じもして、採点スキームって困難んだよなぁって思ってしまいました。あとであれこれおっしゃるからきついのかなって思ったりも。特別採点とかどうしてもいいから、うれしい漫才を見せてくれるテレビ局が増えてほしいって思いました。
アットベリー

大江慎也とユッキーナ

スーパーマーケットにお買い物、友だちとのランチなどの観光はおもしろい反面何をはおるか鏡の予行で迷った品物でした。
だが最近は、ボトムは各色取り揃えたストレッチング性の高いショーツ、Tシャツは腰背のチュニック限定になっています。
普段の出で立ちとの違いはどうせチュニックの原材料がちょいおしゃれになることぐらいだ。
クリアネイルショットが最安値
歳と共に体の脂肪も下がってくるのか、ウエイトは変わらなくても胃腸周りは妊婦だった内を思い起こすような貫禄。
その結果、食事をしてもきつくならないストレッチング原材料と姿勢を押し隠すチュニックが制服化しつつあります。
同年代の友だちたちも同じ人が多いのですが、中にはウエストをマークしたタイプバッチリな人間もいます。
考えてみるとどんなに安易をするか、見せたくない部分は押し隠すかという調整ばっかり凝らすようになってから退廃もテンポしたようです。
このままではあっと言う間に女年と同じ姿勢になってしまいそうです。
少なくとも短時間の出発はタイトスカートでビシッと決めて、背筋を伸ばして歩いてみようと思っています。

兵頭でゆうや

休暇に海に行くことになりました。
夏は引きこもりがちの自分にとっては久方振りばかりだ。
ただ、海に来ていく水着がない。
水着無い事も無いんですが、だいたい10時程度前に買った品物。
こりゃ水着をかうしかないなと、思い立つものの、一度しか着ないであろう水着に高いお金は出せないなと、考えます。
おストアで貰う水着って、ちょっとお高いんですね…自分にとっては。

なので、ネットで検索します。
期待通り手頃な売値のおストアに鉢合わせ。
水着って平気で10000飛び越えする理解だったので、廉価に驚きます。
3000位で水着が、売るのです。
興奮ものぼり、ムズムズしながら注視を物色。
物色しながらちらっと気づいた事が、ありました。
「これ、自己二度と露出は除けなきゃいけない歳じゃないか」
そうです、脳みそはおよそ20代で成長するのを除けでますが、体の奴は30を通り越し、40歳の後ろ姿を捉えつつあるのでした。
私服は相変わらず落ち着く事は無いですが、人肌をのぞかせる水着は流石に隠しきれ無いたるんです体調なのです。

こういう歳の人々は一体何を着ているんだー。
そこから画策を練らなければなりません。
海まで後3お天道様。
本当に、水着は間にあうのか。
私の水着探しは貫くのでした。